読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトクにトラベル!!

休みが出来たら何処かに飛ぶ、弾丸トラベラーです。

マイレージプログラム デルタ航空スカイマイル編

こんにちはryoです。

今後4回に渡って以前オススメした4社のマイレージプログラムについて説明したいと思います。

色々細い部分もあるのですが極力シンプルにまとめたいと思います。

今回はデルタ航空マイレージプログラム「スカイマイル」についてご紹介したいと思います。

デルタ航空はアメリカの航空会社です。

ただ昔から日本との関わりが深く日本発の便で上海、マニラ、シンガポール、台北とアメリカ本土だけではなくアジア方面にも便があります。

 

スカイマイルの最大のメリットはやはりマイルの有効期限が

 

無期限!

の一言に尽きると思います。

因みにANA,JALは36ヶ月です。

無期限であれば必要マイル達成前に失効ということがなくゆっくり自分のペースで

貯めることが出来ます。

 

そして特典航空券の燃油サーチャージも不要です。これは米系は無料なのですが海外旅行を無料で行けたつもりが燃油料で数万となると少し悲しいですよね。

JAL,ANA燃油サーチャージは別途支払いが必要になります。

 

もう一つ大きいのがアメックスのデルタスカイマイルゴールドカードに入会するだけで

自動的にゴールドメダリオン会員になれるということです!

これを持っていれば優先搭乗、優先カウンターの使用、航空会社ラウンジを使えるようになります。

巷ではその上級会員を得るためにマイル修行(きになる人は検索してみてください)

という苦行を行って得る人が多々おります。それだけメリットが大きいですね。

実際にANA,JALで同等の権利を得よう物なら飛行機に乗りまくり60万円前後は必要に

なってきます。

 

因みに年会費は26,000円+税ですが十分メリットありますよね。

 

ただやはり国内に提携エアラインが実質ないのが痛いです。

スカイマークと一部提携しており特典航空券の利用が出来ますが片道7500〜10000マイル必要ということで日系2社と比べるとレートは悪いです。

 

そして羽田の枠を巡る交渉でデルタは他社よりも不利な条件になってしまい、

アジアのハブとして成田を非常に重視していましたが今後は中国にシフトしていくようです。

スカイマーク支援の際も名乗りを挙げていましたが結果的にANAになったことで、

日本地域への投資が減ることはあっても増えていく事はないと思われ撤退路線が増えてくる恐れも十分に考えられます。

とはいえスカイチーム加盟の大韓航空ベトナム航空、エールフランス、オランダ航空、チャイナエアラインなど日本に就航し、日本人のよく行く観光国の

航空会社も多いので、決して見限るまではいかないマイレージプログラムだと思います。

では!