オトクにトラベル!!

休みが出来たら何処かに飛ぶ、弾丸トラベラーです。

フランスで財布をスられた話(警察署から帰国後の保険申請まで)

みなさんこんにちは、ryoです。

 

今回は前回の続きで警察署に行ってから帰国後の保険申請までの流れを書きたいと思います。

 

フランスでは何処でスられても管轄の警察署でという事はなく何処の警察署でも

受け付けてくれるようです。

f:id:u2andbranch:20170608162820j:plain

私が実際に行ったパリの警察署↑

(テロに備え入り口は厳重でマシンガン持った警察官がボディチェックしてから中に入れてくれます)

 

受付に行くとどうしたか聞かれますので要件を伝えてください(簡単な英語でいけます)

そうすると日本語訳併記の申請書類を渡してくれるので必要事項を記入し

呼ばれるまで待ちます。

 

呼ばれたらそれをもとにPCで打ち直し書類を作成してくれます。

その際に根掘り葉掘り聞かれる事はなく淡々と入力してくれます。(スペルチェックは

ちょいちょい聞かれました)

 

その出来上がった書類にサインをして終了です。

思っていたより簡単です!保険申請に使えるので面倒くさがらず必ず行ってください。

物が見つかるのはほぼ無いと思いますけどね。

 

私は免許証も一緒だったので免許証紛失時に必要な書類も一緒に渡されましたが

日本で再発行する場合は不要という事でした(経験済み)

 

帰国後は保険の申請です。

私はクレジットカード付帯の保険を使用しました。

皆さんも旅行好きでしょうからクレジットカード作る時は保険はどうなっているか確認しておきましょう!

特にカードによって保険付帯でも自動付帯(持ってるだけで保険を適用してくれる)

と条件次第で付帯(旅行代金を該当のクレジットカードで払えば付帯や海外で使用歴があれば付帯)などありますので出来たら自動付帯の物をチョイスしましょう。

大体は一部自己負担を求められており保険使用時には3000円の自己負担が一般的に必要です。

また上限も決まっているので高級な物を持っていくのであれば別途旅行保険への加入をオススメします。(海外にはそんな高価な物は持って行かない方が良いと思いますが)

因みに複数枚カードを持っていても請求できるのはひとつです。二重取り、三重取りは出来ませんので要注意です。

 

ちなみに残念ながら現金は返ってきません。

SUICAの再発行手続きの諸費用は保証内らしいですが免許証、クレカの再発行費用は対象外です。条件は書類をよく読んでいただいた方が間違いないと思います。

結果的に自分の場合は財布自体が保証対象になりました。

 

入会時に保険の手引き的な物をもらっていると思うのでそこに書いてある番号にTELします。わからなければカード会社に電話してくれれば教えてくれます。

 

当時の状況を聞かれ、郵送で書類を送付する旨を連絡され終了です。

 

後日届いた書類に必要事項を記入し送付すればあとは向こうからの連絡を待つのみです。

この時に警察署でもらった書類も同封してください(原本の提出を求められるので

コピーは必ず保管しましょう)

 

では実際のところいくら位戻ってくるのか気になるところですよね!

 

幸い、私は財布の当時の購入レシートを保管してあったのでそれが使えましたが

無い場合は保証されたとしても殆ど保証され無い可能性または0円の場合がありえます。

 

初めの電話では状況によって違うということではぐらかされましたが、書類の説明文には

「1年10%の減価償却で計算」となっていました。意外に戻ってきそうです!

 

私の場合は3万ちょいの財布を2年で紛失という形になったので自己負担の3000円を除いて、20%の減価償却ということで

22000円保険金が下りました!やった〜

 

パリでせっかくなのでヴィトンの財布を買ったので多少の補助にはなりました。

 

申請してから2週間程度終わったので処理も結構スムーズでした。

ただやはり購入を証明できる物(保証書やレシート)がないと判定は

難しいと思いますし返ってきたとしても上記の減価償却の規定は適用されないと

思います。

 

こんな感じで盗難にあってもなんとかなりますので落胆せず頑張りましょー。

 

では!

 

 

 

 

フランスで財布をスられた話(その後の対応について)

みなさんこんにちはryoです。

マイレージの話が終わってませんが今回は少しでも被害者が減ればと思い、

題名の件をお話したいと思います。

 

先日、フランス旅行に行っていまして見事に財布をスられてしまいました。

フランスはスリが多くて有名ですが、そのような話は何処の国に行っても、

どの国のガイドブックも決まって

 

「スリ、盗難が多いから気をつけてね〜」

 

と書いており、私も「いつもの決まり文句だし、フランスも適度に気をつければ良いかぁ」程度でした。

今までも諸外国行ってもそんな雰囲気も無かったので・・・。

(人混みが多いニューヨークでも)

完全に油断してました。

 

当時の状況を簡単にお伝えしたいと思います。以後参考になれば!

 

まず前提条件として

①財布はフリース上着のジッパー付きのポケットに入れてありました。

②パリに行くとわかりますが署名詐欺という有名なスポットには必ず

「恵まれない子供に〜とか」様々な理由で署名を求めてくる若者から移民系の人が

多数います。

大体「Can you speak English?」と聞かれるのでNoといえばすぐいなくなります・・・。

 

場所はノートルダム大聖堂の観光後、大聖堂の後ろの公園と川の間の歩道を歩いていた時です。

その時毎度おなじみの署名を求めてくる移民系のおばさんが来ました。

同じ感じで来たので無視して、歩いていたのですがそこそこ密着してきて中々離れない。

 

こっちも声を荒げて対抗しましたがしつこい。やっと離れたあと5分後くらいに

財布を取り出そうとしたら・・・・。

見事にジッパーも開いてました。

 

大聖堂の中は結構暗いのでその中でやられた可能性もありますが多分

その時のおばさんだと思います。

 

大聖堂観光は2日目で初日で既に署名を求める人は何人もいたので気をつけてはもちろんいましたがその一方でまたかという感じもあったので油断してました。

密着もされていたのでポケットの方には神経を尖らせてもいましたがそこは

 

プロです。まったくわかりませんでした。

 

気づき次第まずはクレジットカードの停止です。

ここ大事なのですが

 

ガイドブック掲載のカード会社の緊急連絡先の電話番号が繋がりませんでした。

因みにガイドブックは最新版を持って行きました。

電話はビザとアメックスだったのですがビザが繋がりませんでした。

国際電話というややこしさもあるのかもしれませんが困りました。

警察署にたまたまいた現地の日本人の方の携帯でかけてもダメでした。

 

なんとか妻のカードの裏の連絡先から繋げて事なきを得ましたが事前確認の必要ありそうです。ただ

カード停止に通話料が3000円かかりました。

オペレーターに繋がるまでの保留とかが結構長いんです・・・。

 

聞かれる事は名前、住所などの個人情報ですがカード番号があった方が早いので

控えておくと万が一の時には安心&通話料の節約にもなります。

 

その時に緊急の現金等の手配が必要かなども聞かれ、そういうサービスがあることも知れて良かったです。

 

盗難時のためにホテルに非常用にカード、現金は置いておく事をオススメします!

 

そして財布、貴重品は何かしら紐で結んでおきましょう!スマホIpadは結んでましたが財布は結んでいなかったのでそれが運の尽きでした)

 

次回は警察での処理(現地での処理は出来ず警察署に行くよう言われます)から

帰国後、クレジットカード付帯の保険申請のお話をさせていただこうと思います。

 

 

マイレージプログラム JAL編

こんにちはryoです。

今回はJAL編です。

JALワンワールドに加盟しております。

ワンワールドは15社が加盟しておりアライアンスの中では一番加盟会社が少ないです。

その分日本に就航している会社は比較的多いです。

カンタス航空がある分オセアニア地域は他社より強固です。

やはり加盟会社が少ないため大体の国には行けますが選択肢は限られてしまうと思います。

そのため安いチケットを見つけにくい可能性があります。

 

ただJALは日本の会社であり国内で使用する分には不足ないですし、海外行くにも

ポピュラーなエリアはカバーされていると思います。

 

JALANAとプログラムの内容は似たり寄ったりなので好みと地方在住の方であれば

JAL便が多いなどの理由であればJALを選べは良いと思います。

 

JALのマイルの期限は36ヶ月、燃油サーチャージは別途請求になります。

 

ただ今はJALにしかないどこかにマイル

という制度が激アツです。

 

羽田と伊丹発便限定ですが往復6000マイルで国内往復チケットがゲットできるのです!

簡単にいうと

検索する→4つ候補がでる→行き先がその中4つでのどこかしらでokであれば決定

→3日後に行き先が決まる。

 

気に入った場所が出なければまたルーレットを回す(1日の限りはあります)

 

テクニックとして時刻表と照らし合わせて出発時刻を固定することで、

多少行きたいところは絞れるそうですが沖縄、札幌の人気路線はやはり出にくいようです。

 

では!

 

 

 

マイレージプログラム デルタ航空スカイマイル編

こんにちはryoです。

今後4回に渡って以前オススメした4社のマイレージプログラムについて説明したいと思います。

色々細い部分もあるのですが極力シンプルにまとめたいと思います。

今回はデルタ航空マイレージプログラム「スカイマイル」についてご紹介したいと思います。

デルタ航空はアメリカの航空会社です。

ただ昔から日本との関わりが深く日本発の便で上海、マニラ、シンガポール、台北とアメリカ本土だけではなくアジア方面にも便があります。

 

スカイマイルの最大のメリットはやはりマイルの有効期限が

 

無期限!

の一言に尽きると思います。

因みにANA,JALは36ヶ月です。

無期限であれば必要マイル達成前に失効ということがなくゆっくり自分のペースで

貯めることが出来ます。

 

そして特典航空券の燃油サーチャージも不要です。これは米系は無料なのですが海外旅行を無料で行けたつもりが燃油料で数万となると少し悲しいですよね。

JAL,ANA燃油サーチャージは別途支払いが必要になります。

 

もう一つ大きいのがアメックスのデルタスカイマイルゴールドカードに入会するだけで

自動的にゴールドメダリオン会員になれるということです!

これを持っていれば優先搭乗、優先カウンターの使用、航空会社ラウンジを使えるようになります。

巷ではその上級会員を得るためにマイル修行(きになる人は検索してみてください)

という苦行を行って得る人が多々おります。それだけメリットが大きいですね。

実際にANA,JALで同等の権利を得よう物なら飛行機に乗りまくり60万円前後は必要に

なってきます。

 

因みに年会費は26,000円+税ですが十分メリットありますよね。

 

ただやはり国内に提携エアラインが実質ないのが痛いです。

スカイマークと一部提携しており特典航空券の利用が出来ますが片道7500〜10000マイル必要ということで日系2社と比べるとレートは悪いです。

 

そして羽田の枠を巡る交渉でデルタは他社よりも不利な条件になってしまい、

アジアのハブとして成田を非常に重視していましたが今後は中国にシフトしていくようです。

スカイマーク支援の際も名乗りを挙げていましたが結果的にANAになったことで、

日本地域への投資が減ることはあっても増えていく事はないと思われ撤退路線が増えてくる恐れも十分に考えられます。

とはいえスカイチーム加盟の大韓航空ベトナム航空、エールフランス、オランダ航空、チャイナエアラインなど日本に就航し、日本人のよく行く観光国の

航空会社も多いので、決して見限るまではいかないマイレージプログラムだと思います。

では!

 

航空連合(アライアンス)のそれぞれの長所、短所

こんにちはryoです。

今回は航空連合についての説明をしたいと思います。

現在は主に3つの連合に分かれています。

 

スターアライアンス

 

ワンワールド

 

スカイチーム

 

そもそも何故連合が必要になっているかというと、

競争が激しくなり1社では路線数の維持が難しくなってきた経緯があります。

1社でいくつもの路線を確保となると不採算路線も維持していく必要になり、

当然、収益を圧迫していきます。

 

そこで連合を組み他社の路線を互いに相乗りする形で路線の維持、就航都市の拡大に

繋げているわけです。

それがコードシェア便というものですね。

ではそれぞれの航空連合の紹介をしたいと思います。

 

スターアライアンス

現在27社加盟ANAも加盟)

3連合の中で加盟航空会社が最も多く、メジャーな会社も加盟しており、日本への就航会社も多い。

あえて弱点を言うなら 東欧、ロシア地域の加盟がないのでそこは不利だが、

日本人が行くような観光国はほぼ網羅しているので使いやすい。

どの大陸にも数社加盟しているので選択肢も多く世界一周旅行券は有名。

 

ワンワールド

現在15社加盟JALも加盟)

3連合の中で加盟会社は一番少ない。

そのためアフリカ地域の会社の加盟がないためブリティッシュ航空の

路線に頼らざる得ない。

ただオセアニア地域はカンタス航空が加盟しているので他の連合に比べ有利。

 

スカイチーム

現在20社加盟

日本の加盟会社がないので国内線を使用してのマイル獲得は出来ない。

ただしデルタ航空の提携クレジットカードを利用している場合は

スカイマークで特典航空券を利用する事が可能(レートは悪いです)

東欧の会社が多いのでロシア地域は他社に比べ強い。

オセアニア地域の加盟会社がない。

アジア地域はそれなりに強い。

 

以上のような感じになりスターアライアンスの強さが際立ちます。

なので国内メインの方はJALでも良いと思いますが海外も!となるとやはり

ANAをオススメしたくなってしまうのです。

そして日本に就航している会社が実際何社あるか調べてみました。

ツアー、格安チケットを購入時は数社絡めたルートというのはほぼありません。

乗り継ぎ便でも日本から1社で目的地に着くルートのみになると思います。

 

そうなると日本に就航している会社の数が何社あるのかというのも

重要な要素になると思います。スタート地点から可能性は狭めたくないですよね!

 

スターアライアンス 17社

 

ワンワールド 10社

 

スカイチーム 13社

 

加盟会社の数が多いだけにスターアライアンスは10社減ってしまいました。

ワンワールドは逆に健闘してますね。

 

あとは皆さんが海外行くとしたら何処に行きたいか想像してみてください。

そして思いついた国に対して直行便が多かったり就航会社が一番多い所が何処か確認してみてください。

多ければ多いほどオトクなチケット、ツアーが出てくる可能性が高くなりますよね!

 

まとめとしては海外旅行もたくさん行きたい!という事であれば

マイルを貯めるのはスターアライアンス加盟会社をオススメしたいと思います。

次回以降一度戻ってオススメマイレージプログラムの紹介、スターアライアンス

の詳細をすこしづつ説明していきたいと思います。

 

初めてのマイレージ 何処の航空会社で貯めれば良いのか

みなさんこんにちはRyoです。

表題の通り、マイルを貯めようと一念発起したものの何処から手を付ければ良いのか分からないと思います。

まずは航空会社のマイレージプログラムに入会です!

航空会社のHPにアクセスしマイレージページに飛んだら必要事項を入力するだけで簡単に入会することができます。

ではどの会社を選択すべきかとなりますが、色々なサイトでも紹介がありますが私は圧倒的に!

ユナイテッド航空ANAをオススメします!!!!

私のブログでは上記2社をメインにオススメしていきますので他社派の人にとっては
「それは違う!」などの反論を言いたくなる場面もあると思いますがそこは人それぞれということで
流してもらえたらと思います笑

とはいえ日本在住で出張族でもなければ自ずと以下の4社をメインに検討する事になります。

JAL

ANA

ユナイテッド航空

デルタ航空



日系であればJALANAの二択になります。
スカイマークマイレージプログラムを実施していません。
ソラシドエアーは実施していますが運行地域が少ないので日々ソラシドオンリーの路線で
生きていける人でなければメリットがありません(JAL,ANAとも路線が被ってる所もありますし・・・)
ピーチ、ジェットスターなどのLCCも実施していません(一部でマイル付与等ありますが正直使いにくいです)

海外系であればユナイテッドとデルタの2択になります。
他の海外系の選択肢もありますが上記4社に比べ特別秀でている部分がありません。
本当にないんです・・・・。

ただ日系を選ぶのであれば地方在住で地方発着空港を利用するのであれば当然就航している会社、
便数が多い会社を選ぶのがベターですので最寄り空港にANAが就航していないのであればJALを選択しましょう。

常に2社は互いの動向をみてマイレージプログラム改訂、追随しており似たり寄ったりですので大きな違いは
ありません。後は特約店の買物でダブルマイル付与(セブンはANA,ファミマはJALで実施)になったり
とかの細かな違いなので正直好みになると思います。

海外系は実質2社ですが正直な所、現状はデルタよりもユナイテッドの方がオススメ出来ます。
ユナイテッドは近頃NEWSで騒がれておりあまり良いイメージを持っている人は少ないと思います。
私も利用した事はありますが確かにサービスは悪いです笑。

ただマイレージプログラムは別格です!

ユナイテッドは日本国内線での使用で格段に使える優秀な子なんです!

ユナイテッドはANAと同じスターアライアンスという航空連合に加盟しており国内線はANA便を使用できるのです。

因みにJALワンワールド、デルタはスカイチームという航空連合に加盟しています。

この航空連合の絡みがマイレージを貯める会社を選択する際、マイルを利用して海外旅行に行く事を目標にしている人にとっては大きく影響していきます。

今回のまとめとしてryoの独断と偏見によるひとまず選ぶべき会社は

ANA JAL UNITED

の3社の内のどれかになります。

次回以降、この航空連合の説明、それを踏まえた上でどの会社を選択すべきか各社のメリット、デメリットを詳細に説明していきたいと思います。

マイレージ(マイル)とはなんぞや?

みなさんこんにちはRyoです。

今回はマイレージ(以後マイル)とはということで簡単に説明したいと思います。

マイルとは直訳したら距離を表す単位です。

飛行機は距離をkmではなくmileで表します。(最近はkmで表記してくれているところもあります)

そのため搭乗した距離分1ポイント=1マイルみたいな感じでマイルを付与してくれるわけです。

普通にどこのお店にもあるポイント制度と同じわけです。

でも航空会社は沢山あります。

マイルを貯める時にはマイルの分散、消失を避けるため航空会社を絞って集める必要があります。

みなさんも普段の買い物でポンタ中心で貯めるかTポイント中心で貯めるか、
イオン派かヨーカードー派かセブンかローソンかファミマかなど
それなりに好みも含め贔屓にしている所ってあると思います。

そういう感じでマイルを貯める際には贔屓にしていく会社を決めていく必要があります。

数多ある会社から何処を選択するか、どのように日々貯めていくかは次回以降ご紹介したいと思います。

では!